白石本舗

創業明治16年 醤油餅専門店

TEL.089-924-4507

 

〒790-0811  愛媛県松山市本町4-1-6

ブログ

ポリンポリン

皆さんこんにちは、営業販売部のNです。

突然ですが、今皆さんが考えていることを当ててみたいと思います。

今皆さんが考えていることは……

ズバリ!「ポリンポリンとは何ぞや?」

これではないでしょうか?

当たっていたら、小さくスゲーと言ってください。

もし間違っていたら、次からが本文と思って読んでください(笑)

さて、ポリンポリンですが、その正体はこちら…

DSC_1245そう、トランポリンです。

コロナ禍で世界的に流行っているらしく、日頃の運動不足解消、そしてどこにも行けないゴールデンウィークに、少しでも子供たちの気晴らしになればと思い購入いたしました。

ポリンポリンというのは、私が何気なく口にした呼び方が何故か定着してしまい、我が家のトランポリンは愛称がポリンポリンとなりました。

このトランポリン、結構な運動効果があるようで、先日チラッと見たテレビでは、5分跳べば1kmランニングしたのと同程度の運動量があり、疲労感は少ないと言っていました。

ホンマかいな?と思いながら跳んでみたのですが、1分ちょっとでふくらはぎがパンパンになり、ギブアップでした(汗)

子供たちも気に入ってくれて、毎日跳んでいます。

DSC_1231DSC_1224私もなんとか5分は跳べるようになったので、毎日続けて体力をつけていきたいと思います。

早速今から跳んできます!

それでは、また次回!

餅の性質

皆さまこんにちは。総務経理マネージャーのTです。

 

今回のブログでは、普段皆さまに召し上がっていただいているお餅がどういった性質を持っているのかを改めてご説明したいと思います。

 

まず、餅の元になるのはもちろん「米」なんですが、日本のお米は大きく2種類に分けられます。

うるち米」と「もち米」です。

どちらのお米もデンプンが含まれているのですが、

このデンプンには「アミロース」と「アミロペクチン」というものがありまして、

アミロースは水に溶けやすいという性質を持ち、アミロペクチンは水に溶けず加熱により粘るという性質を持っています。

うるち米の方はアミロース20%・アミロペクチン80%ほどという割合なんですが、

もち米はアミロペクチン100%で構成されています。つまり、もち米だけで作られたお餅の方がより加熱することで粘り気を持ちモチモチとした食感になるということです。

 

・・・何を当たり前なことをと思いましたでしょうか?笑

白石本舗では、あえて製品の多くをうるち米の方の米粉で製造しております。

このアミロースが含まれてモチモチ具合が抑えられるうるち米の米粉を使う最大の理由は、

「小さいお子様や高齢の方が召し上がった時に喉に詰まらないように」

ということが挙げられます。(もちろん一度に多く口に入れると米粉のお餅だろうと危険ですので注意が必要です。)

一方で、志ぐれなどはもち粉の分量を多くしています。これは志ぐれという製品の特色を考えた時にもち粉の方がより合っているからです。

 

さらに踏み込んで解説していきたいと思います。

餅に限ったことではないのですが、デンプン質の食べ物というのはいずれも温かい状態の方が美味しいことが多いです。

デンプンは温度によりコロコロと姿を変える性質を持っていまして、

生デンプン(βデンプン)という状態に水分を加えて加熱すると糊化デンプンというものになります。これをα化といいます。

この糊化されたデンプンが時間が経ち(もしくはわざと)冷却されると、老化デンプンになってしまうのです。これをβ化といいます。

 

こう考えると簡単にスッと頭に入ってくるかと思います。

糊化(a化)デンプン → 美味しい。保存には向いてない。

老化(β化)デンプン → 美味しくない。保存に向いてる。(冷凍ほどではない)

 

そして、このデンプンが一番老化しやすい状態というのが、水分含有量が30%〜60%で、温度が2〜4℃(凍る直前)の時といわれています。

勘の良い方はお気づきでしょう!そう、この温度は強め設定の冷蔵庫の温度なのです。

店頭で「冷蔵庫よりは冷凍保存をオススメします」と言われたことのある方も多いかと思いますが、こういった理由があるんですね。

冷凍庫に入れるメリットは温度だけでなく、上で書いた水分30%〜60%の状態を避けるという意味もあります。なんせ「冷凍」ですからね・・。

 

他にも老化を防ぐ方法というのは存在します。

急速冷凍機などで一気に冷凍させて、水分が30%〜60%の状態なんてすぐ通り過ぎるという荒技です。

でもお客様でこんな機械を持っている方はいらっしゃらないでしょうし、弊社でも導入しておりません。やっぱりすぐに召し上がってもらうのが一番ですから・・・。

 

あとは砂糖をたくさん入れるなんていう方法もあります。ある意味こっちの方が荒技ですね。

水には自由水(微生物とひっついて腐敗を進ませる)というものと、結合水(食品成分とひっついて微生物を寄せ付けない)というものがあります。

砂糖には保水性があり、たくさん入れることで結合水の割合を増やすという性質を持っているのです!!

「お菓子って甘いよな〜もっと砂糖控えめな方が好きなのに」という方も多いとは思いますが、余計な添加物を増やさずになおかつ日持ちさせるには、砂糖の量を増やすことが必要になってきたりするんです・・・。

砂糖は天然の防腐剤ということですね。

 

もちろん老化されてしまっても電子レンジであったり、焼いたりして加熱することで糊化(a化)することも可能ではあるのですが、やはり何度もa化 ← → β化というのを繰り返すのは無理があります。早めに食べるのが一番美味しく召し上がる方法ということになります。

 

タイトルからちょっとズレたブログになってしまいましたが、いかがでしたでしょうか。

前回(3週間前)のブログでFPなんていう仕事と関係無さそうなことを長々と書いてしまったので、今回は餅屋らしいことを書きました。笑

一応製菓衛生師という資格も持ってますので。。。取ったのは数年前ですが意外と勉強したことは覚えているものです。

毎回ブログを書く時に「今回はあっさり短めで終わろうかな」と思いつつ長々と書いてしまいます。

次はきっと短めのシンプルブログになっているはず・・・です。

最後までお読みいただきありがとうございました!では、また3週間後!

旬の和菓子

いつもご愛顧いただきありがとうございます。

今回のブログでは、この時期の白石本舗といえば!な商品の紹介をいたします。

B54AF8B4-396A-4F88-BA4E-C3D6521D8D20

「柏餅」です。

柏餅に用いられるカシワの葉は、新芽が育つまで古い葉が落ちないことから「家系が絶えない」すなわち「子孫繁栄」という縁起をかついだものとされます。

縁起物ということで、江戸時代に武士達の間でバズった(←言い方)端午の節句のお祝いとして、盛んに食べられるようになった!!との事です。そして、現在でも55日、端午の節句のお供物として用いられます。

ここまでWikipediaのお力を全力でお借りして柏餅について説明いたしましたが

ここからは、白石本舗の柏餅についてお知らせを!

時々、お客様からこのようなご質問をいただきます。

「この柏餅はつぶあんですか?こしあんですか?」

とてもお気持ちがわかります。これは重要な問題です。

白石本舗の柏餅(あん入り醤油餅もですが)は、全て「こしあん」と、なっております。食べた時のなめらかな舌触りが特徴の「こしあん」です。

もちろん、つぶあんの柏餅も美味ではありますが、白石本舗の柏餅は「こしあん」となっております。こだわりをもって製造いたしておりますのでこしあん一筋!な方も普段はつぶあん!な方にもぜひ召し上がっていただきたいです。

……とは申し上げましたが。

この時期になりますと、柏餅のご注文をたくさんいただけます。(誠にありがとうございます)

その一方で、製造がなかなか追いつかず、ご予約以外では、ご購入いただけない場面もあるかと思います。誠に申し訳ありません。

お早めにご予約をいただけますと、確実に商品をご用意できます。(先日のように、蒸し器のボイラー等、製造機械が止まってしまうとお手上げですが)そのため、事前にお知らせいただけますと、幸いです。

今後とも、白石本舗の柏餅、醤油餅をよろしくお願いいたします。

困った…

皆さんこんにちは、営業販売部のNです。

突然ですが、非常に困ったことが起きました。

今回のブログ……書くことがありません!

私のブログですが、毎回自分の担当週までに、次はこんなことを書こうかなというのをある程度決めています。

今回は、子供が参加予定だったサッカークラブの体験会の事か、私が趣味でやっているバスケットボールの事でも書こうかなと思っていたのですが…

松山市がコロナの警戒レベルを「感染対策期」に引き上げたことで、学校などの施設が使用できなくなり、体験会は中止。

この体験会、その前も雨で2回延期になってまして、3度目の正直と思っていたのですが、どうしても息子君にサッカーさせたくないようです(笑)

私の趣味のバスケットボールも、当然学校の体育館が使えずしばらくお休み…

はい、書くことがありません!

困ったといえば今週は店舗の方でも困った事が起こりまして…

お餅を蒸すための蒸気を出すボイラーがあるのですが、週明け月曜日の製造開始早々に故障するトラブルがありました。

すぐに業者さんを呼んで修理を依頼したのですが、「ちょっといつ直るかわかりません」とのこと…

最悪2、3日臨時休業か?

などとも思ったのですが、私がお昼休みから戻ったら直ってました(笑)

そんな感じで困った事の多い1週間でしたが、良いニュースもありまして…

3月末から臨時休業していた松山生協さんの店舗が順次営業再開しておりまして、今週で大半の店舗が再開しています。

もちろん当店の醤油餅も納品しておりますので、松山生協さんの方でもお買い求めいただけますと幸いです。

ん?書くこと無かったんですが、なんかブログっぽくなってきましたね!

次回はちゃんと内容を決めて、困った②にならないようにしたいと思います……

それでは、また次回!

FP1級実技試験②

皆さまこんにちは。

総務経理マネージャーのTです。

本日も前回に引き続きFP1級実技試験の内容について紹介したいと思います。

前回のブログ「FP1級実技試験①」

 

前回の「不動産」パートを無事終えて待合の部屋へと戻ったあと、「この感じなら次も大丈夫そうだな〜」なんて安易に考えておりました。。。

2回目のパートは「贈与・相続」です。勉強していた時はどちらかというとこのパートの方が得意だったので、直前もそこまで知識の詰め込みをしていませんでした。

前回と同じく試験官の方に呼ばれ、待合の部屋の後方へと移動します。そこで試験の用紙を手渡されます。

 

「AさんはX会社という中小企業のオーナーで、現在こういった資産を保有している。家族構成は右図のようになっており、社宅に妻たちと一緒に暮らしている。またAさんはまだ高齢とはいえないものの、事業承継の事や高額になるであろう相続税について悩んでおり、X社への貸付金を資本金へと振替えるようなアドバイスを知人からされている。FPとしてどのようなアドバイスができるか」

 

ざっくりいうとこういう感じの問題でした。

問題そのものはそこまで奇を衒ったものではなかったように思います。ただ・・・

 

コンコンコン。

T「失礼します。Tと申します。よろしくお願いいたします。」

 

「はい、どうぞ」

(面接官は二人一組なんですが、不動産パートの時とは逆で質問する人が厳しそうな感じでした。)

 

「えー、じゃあ早速ですが、Aさんがよく理解されていない貸付金を資本金へと振り替えるというのはどういうこと?どういったメリットがあるの?」

 

T「はい、、えー・・・Aさんの貸付金はX社にとっては役員借入金になりますので、・・・えー、・・・と。。」

 

(はい、初っ端の質問から詰まってしまいました。この貸付を資本へ振替えることを「デット・エクイティ・スワップ」というのですが、これを行うことによりX社は増資となり自己資本比率というものが高くなり金融機関の評価などが上がると共に、Aさんにとっては現金ではなく株式として手に入れることになるため、株価引き下げに伴って相続対策にもなり得ます。ただ、心の中で「白石本舗は株式会社じゃなくて合同会社なんじゃー!!」と叫んでしまいました。笑 ※合同会社もDESは出来ます。)

 

「分からない?うーん、はい。いいです。もっと勉強してください。」

 

(こ、この面接官はさっきの不動産パートと違って厳しめだっ・・!心に動揺が生まれます。でもその一方で、無言で採点?をしているもう一人の面接官は目が合うとニコニコして安心させてくれます。どうもあえてこういった厳しい人と優しい人の組み合わせにしているようです。)

 

「じゃあ事業承継に関しては?どういったアドバイスができますか?」

 

T「はい。それに関してはやはり事業承継税制を利用した贈与税の納税猶予の特例を活用するのがいいかと考えます。ただこの特例は5年間の承継期間とそれ以降も細かい要件などがありますので、慎重に検討すべきです。」

 

「これを利用するのにまず何を提出するんですか?」

 

T「えっ?あっ、はい。まず・・経営承継円滑化法に基づく都道府県知事の認定を受けて・・えーと、、すみません。。」

 

「特例?」

T「特例・・」

「承継?」

T「承継・・」

「はい、特例承継計画ね。」

 

(ちょっともう誘導され過ぎて途中で少し笑ってしまいました。勉強したつもりが、基本的な部分がごっそり抜けてたんだなぁと反省です。そしてこの反省と同時に、「不合格」の文字が頭をよぎります。)

 

「じゃあこの特例の要件は?」

 

T「は、はい。まず先代経営者と後継者と会社、この3つにおいて要件がありまして、先代経営者は同族で議決権の50%超を有していた者で贈与の際には代表権を有していないこと。贈与してから代表権を移してしまうと適用されませんので注意が必要です。そして後継者は3年以上役員を勤めていた20歳以上の者で、贈与によって議決権50%超の代表になること。そして会社に関しては売上や従業員が0でないこと、上場企業や大企業および資産運用型の会社でないことなどが挙げられます。」

 

「はいはい。じゃあ相続に関して何かアドバイスできることは?」

 

T「はい、まずAさんの資産を大きく3種類に分けた時に、金融資産3億、不動産4億、非上場株式3.5億とバランスこそ悪くないものの、資産総額が高額になっているため、株価引き下げや相続税を引き下げる対策をする必要があると考えます。」

 

「株価を引き下げるにはどんな方法がありますか?」

 

T「えー、まずX社は中会社の大になりますので、類似業種批准価額が9割、純資産価額が1割で評価されます。 X社の従業員が現在60名のため、10名以上増やせば大会社扱いとなり評価引き下げに繋がります。この点はAさんに確認すべきところです。また、類似業種の価額算定については・・株価はどうしようもないので市場を常に注視するとして・・配当、利益、簿価純資産に関してですが、配当は無配当や低率配当が考えられますが、無配当の場合は批准要素1の会社とならないよう注意します。利益と純資産は両方に大きく引き下げ効果がある役員退職金の支給や、前向きな設備投資など、ざっくり言うと、あえて含み損をつくったり、あえて赤字をつくったりすることが評価引き下げへと繋がります。」

 

(この「贈与・相続パート」が始まってからやっと得点を稼げているような・・少しづつ不合格の文字が消えてきたかな?という感覚です。)

 

「後継者以外の人のことは気にしなくていい?」

 

T「そこは、遺留分の民法特例で固定合意や除外合意を利用したり、また、公正証書遺言などを利用します。自筆証書遺言も今では法務局で保管出来るようになって、その場合は検認手続きがいらないなど使い勝手はよくなりましたが、やはりトラブル防止の為にもコストはかかっても公正証書遺言をオススメしたいと考えます。」

 

「はい、そうですね。・・じゃあ相続税は?」

 

T「相続税に関しては、小規模宅地等の特例を最大限有効活用することや・・えー、配偶者の税額軽減は1億6000万か法定相続分というラインがありますが、これに関しては2次相続まで考慮した分け方が必要になってくると考えます。例えばですが、老後に必要な生活資金+aを配偶者に相続させて、その+a部分を早めに贈与特例などを使って下の世代に移すと。こうすれば1次相続と2次相続どちらの引き下げにも繋がります。」

(実際はこの他にも、節税目的だけではない養子縁組をして基礎控除UP+実効税率引き下げの効果だったりとか、Aさんのように資産が多い方は相続の際に高い税率が適用されるため、積極的な生前贈与をすることにより基礎控除110万を超えて贈与税を払ってでも将来の相続財産を減らす方がトータルで見て節税効果が大きかったりします。特別受益など遺産分割問題は生じますが。。)

(ただ、ものすごーく嫌な予感がしたので上記は喋るのをやめておきました。そしてその予感は当たります。)

 

「えー、じゃあ最後にFPの職業倫理を言ってください。」

 

T「まず顧客利益の優先・・・それから守秘義務・・「ピピピピピピピッ」

 

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

(アラーム!!!!なんと12分間のアラームが鳴ってしまいました。。。実際の面接ではこのブログで書いた問答以外にも色々と聞かれたり話したりしているため、どうやら喋り過ぎたようです!!この時点でまだ最初に詰まった部分の挽回が出来てないと感じていたので、めちゃくちゃ焦ったのを覚えています。)

 

「・・・・・」

 

T「・・・・・・(ん?終了じゃない?)・・えー、守秘義務の遵守、アカウンタビリティ、コンプライアンスの徹底、インフォームドコンセント、能力の啓発、そして顧客本位の業務運営というフィデューシャリー・デューティーを加えた7つがFPが守るべき職業倫理となります。」

 

「はいはい、いっぱい挙げてくれましたが(笑)、 Aさんのケースでは何が一番大切ですか?」

 

T「インフォームド・コンセントです。Aさんは事業承継や相続対策について理解されていない部分が多いので、きちんと説明をして同意を得た上で、双方納得のもと話を進めていくべきだと考えます。」

 

「はい、そうですか。じゃあこれで終了です。ありがとうございました。」

T「ありがとうございました。失礼いたします。」

 

終わった・・・待合室に帰り椅子に座った時はどっと疲れが出ました。この時点ではギリギリ合格ラインはいってるか・・?なんて思っていましたが、後から参考書などを見直すと結構おかしな部分が多くてかなり不安になっていました。

 

そして、結果発表・・・

・・

・・・

・・・・

・・・・・

 

IMG_7429

なんとか合格出来ましたーーー!!!

まぁ、このFPという資格自体は業務独占資格ではないので、資格を取ってもただ単にFP1級を名乗れるというだけなんですが(笑)

あくまで、あくまでも個人的な感想になりますが、このFPという資格は、「ドラ◯ンボールでいうところのカリン塔の超聖水のようなモノ」だなと常々感じていました。

要するに、悟空がカリン塔に頑張って登りカリン様からもらった超聖水が実はただの水だったように、その資格自体は人生においてなんの役にも立たないけれど、そこに辿りつくまでの勉強は、仕事やプライベート問わず本当に色んな場面で役に立つ。こういった資格はなかなかないんじゃないかなあと思っています。

幅広く勉強をしたことにより、仕事への取り組み方や、経営や経済についての考え方、コストの部分であったり、お客様へどういった形でこれまでいただいた恩を還元できるかなどなど、世の中の見え方が変わってきたと思います。

コロナ禍でお家時間が増えている中で、これまで挑戦したいなと思っていたけど時間がなくて出来ていなかったこと、あれば是非始めてみてください!!

例えば、ブログだけ興味本位で読んだけど実は白石本舗の醤油餅食べたことないんだよな・・とか。笑

是非挑戦?しましょう!!!

今は時期的に「柏餅」が絶賛販売中です!!!

こんな感じで今回のブログは終わりたいと思います。長いのにお読みいただき本当にありがとうございました!では、また3週間後!

春の休日

いつもご愛顧いただきありがとうございます。

すっかりと暖かくなり、朝晩もかなり過ごしやすくなってきました。また、通勤途中に見かける桜も満開となっております。

お花見がしたいです。

しかし、今は我慢の時

せめて「今週末の日曜日にゆっくりと桜を眺めに行こうかな?」と、企んでおりましたら

はい。雨ですね。

お見事な程に雨。

このような日は、無理に外出をせずに、読書に耽ります。

本日は、大好きな作家の1人、辻村深月さんの「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」を。

本書からは、悲劇の気配を感じとりましたので、「精神的に元気がある時に読もう!」と考えておりまして数年単位で読み忘れておりました

さきほど、読了いたしましたが

登場人物の心情を見事に捉えた心理描写。そして、非常に重みがありましてまさに辻村深月さんらしい作品でした。

「辻村深月さん気になる!」と思っていただけましたら

ぜひ、全作を!!!!!!(広い)

どの作品も丁寧な心理描写と「そこまで回収する?」と思ってしまうほどに…散りばめられた伏線の回収具合をお楽しみいただけます。そのため、読後感の爽やかさが格別となっておりますので、ぜひ全作を(2回目)

(製造開発担当M、個人的なおススメ&好きな作品は「スロウハイツの神様」です)

まだまだ、油断ができない日々ではありますが趣味の時間を大切にして過ごしたいものですね。

皆さんこんにちは、営業販売部のNです。

3月最後のブログ更新となります。

最近配達で外を走っていると、きれいな桜をよく目にします。

場所によって様々ですが、ほぼ満開に咲いている所も多いですね。

と、いうことで、今回は隠れた桜の名所?をご紹介したいと思います。

DSC_1187御幸町の川沿いにある桜なのですが、夜になると提灯でライトアップされ、幻想的な雰囲気を味わうことができます。

DSC_1188桜は五分咲き程度の物から満開近い物まであり、今が見頃といった感じです。

DSC_1190反対側から見るとこんな感じで、散歩コースにされている方も多いようです。

DSC_1191私の下手な写真では魅力が十分にお伝え出来ないかと思いますので、是非一度足を運んで頂きたいスポットとなっております。

それでは、また次回!

 

FP1級実技試験①

皆さまこんにちは。総務経理マネージャーのTです。

 

以前からずっとブログをご覧の方はご存知かもしれませんが、ここ1、2年ほどはずっとスキマ時間に「ファイナンシャル・プランニング技能士」という資格の勉強をしていました。

FPと呼ばれるお金に関する知識全般を学ぶものですが、去年1級の学科試験になんとか合格出来ましたので、先日実技試験を受けにいってきました。

この実技試験、なんと面接形式でして・・・ペーパーテストの学科試験と比べて合格率こそ高いものの、なかなかの強敵でした!笑

今回のブログでは、試験1日の流れをご紹介できればと思います!

 

試験会場は某ホテルの中にある会議室。

コロナ対策のためか、事前の受験票にも必ずマスク着用と試験前の検温、消毒を徹底するようにということが書かれています。

まず受付で受験票を渡して本人確認をします。

受験票の写真と顔を見比べて確認をされましたが、マスクした状態なのでちゃんと確認出来たのかどうかは不明です。

 

会議室(学習塾の教室のようなイメージ)で私を含め6人ほどの受験者が一定の間隔を保って待機しています。

ここでもコロナの影響があるのでしょうか。試験を何日にも、また1日2回に分けて密にならないよう考慮されています。

最初入った時、「人、少なっ」と思いました。笑

そして、受験通知書には試験の性質上ラフな格好はお避けくださいと書いてあるのですが、「まぁスーツ着て・・ネクタイはなくてもいいか〜」と安易に考えていたら、私以外の受験者は見事に全員ネクタイをしておりました。ちょっと不安になりました。

 

時間になると試験官が要項を説明してくれて、またまた別の会議室に移動となります。

ここでは参考書を見ながら自分の面接の順番を待つのですが、呼ばれた人はいきなり面接の部屋に行くわけではなく、会議室の後ろに移動して1枚の紙を手渡されます。これが実技試験の問題となります。「贈与・相続」と、「不動産」の2つのパートを2回に分けて面接するのですが、私は「不動産」が先のパターンでした。

渡された紙には、

「相談者Aさんは現在こういった家族構成で、こういった不動産を所有している。ただし住んでいる土地及び建物は相続によって取得した借地権付き建物であり、Aさんは売却を検討しているがどういったアドバイスができるか」

みたいな感じのことが書かれています。この設例を15分間で読みつつ、用紙に書き込んだりして面接の部屋へと移動します。(用紙は持ち込めます。)

 

コンコンコン。

T「失礼します。Tと申します。よろしくお願いいたします。」

面接官は2人1組で、1人が質問して、もう1人が無言で採点?をしている感じです。

 

面接官「はい、まず消毒をしてからおかけになってください。」

「えー、早速ですが、Aさんに確認しておくべきことなどは何がありますか?」

 

T「はい、まずお父様の代からの借地権の契約に関する書類や、売却を検討されているということなので譲渡承諾料や名義書換料などの取り決めがあるかどうか。また、ご家族と今後の相続に関する話し合いをしているかどうか、借地と底地を交換する気はあるかどうか、さらに現状の地代や売却後に買換えを検討しているマンションについてなど聞いておくべきかと考えます。」

(実際はもうちょっと噛んだりしてます笑)

 

「はい。ではFPとして確認しておくべきことは?」

 

T「まず現地で境界標や前面道路との接面状況の確認、法務局で登記事項証明書や公図での権利確認、市役所の都市計画課や建築指導課で規制関係の確認、複数の不動産業者や近隣の同様の契約を調べて相場の確認、そして具体的な税務に関しては税理士に協力を仰ぐべきだと考えます。」

(スラスラと難しいこと言ってるようですが、この部分はほぼ必ず聞かれる暗記ポイントになります)

 

「はい、そうですね。。では具体的にどういったアドバイスが考えられますか?」

(ここからアドリブモードといいますか、暗記だけでは攻略できない面接官との勝負に入ります・・・!!!)

 

T「えーと、、まずAさんは地主の方と固定資産の交換の特例などを使って借地と底地を交換したり・・」

 

「固定資産の交換の特例・・?」

(優しい雰囲気の方ですが、たまに険しい表情になりこちらを不安にさせます。。)

 

T「は、はい。。もちろん双方が納得の上ですが、1筆の土地にして売却した方が、路線価で計算した価格をさらに時価に割り戻すとかなり高額になるのでAさんにとっても地主さんにとっても良いかと・・・」

(この1筆にするというのは複数に分かれている土地を1つにまとめるということなのですが、借地権を解消して完全所有権にするのを1筆にするとは言いません。こういった初歩的なミスが面接の緊張により起こり得ます・・・!)

 

「ん〜なるほど。。では、最初に出てきた譲渡承諾料というのは?」

 

T「はい、第三者に譲渡や転貸をする場合に地主の方に渡す一時金のようなものでして、この点は借地権設定時の内容を確認する必要があると思います。」

 

「はい。ではこの建物を売却するにあたり、どういった譲渡特例が考えられますか?」

 

T「えー、まず相続空き家の特例です。これは相続から3年・・・」

 

「相続空き家の特例!?」

(おかしな回答をすると表情や語気で教えてくれるとても優しい面接官でした。笑)

 

T「えっ、あっ、失礼しました!相続空き家の特例は居住・事業・貸付に供していると使えませんので、、えー、3,000万の特別控除と軽減税率の特例が使えます。6,000万以下の部分について14.21%の税率となります!」

 

「はい。そうですね。では買換えの場合は?」

 

T「はい、その場合は、自宅の取得費と売却代金、また買換えの購入代金と3つの項目が関わってきます。購入代金の方が大きかった場合は自分の持ち出し分があったとされて買換え時の課税はなく、本来の譲渡益も繰り延べとなります。購入代金の方が小さい場合は本来の譲渡益は繰り延べですが、売却代金との差額については課税となります。」

(面接の時は自分でもよく喋れたと思っていたのですが、後から考えると細かな間違いや回りくどい説明が結構あったと思います。)

 

「この借地権付き建物の売却先はどういった人がいますかね?」

 

T「まず何よりも地主の方、またこういった土地を専門に買取りしている不動産業者、そして設例にもあるようにこういった土地を希望している近隣の方が考えられます。」

 

「はい、わかりました。ではこの事案に関わる専門家はどういった方がいますか?」

 

T「えー、まず借地権の契約については弁護士や司法書士の方。法務局での登記については司法書士。地積の測量は測量士、地積の更正や変更の登記は土地家屋調査士、具体的な税務関係については税理士の方にお願いします。」

(ここも暗記ポイントです)

 

「少し話が変わりますが今は確定申告の時期ですよね。FPはこういった専門家との繋がりも増えてくると思いますが、税理士にちょっとこの確定申告に関する書類代わりに書いといてとか言われたらどうしますか?」

(こんな質問くるのか・・と思いました。笑)

T「それは・・お断りするべきです。FPはコンプライアンスの徹底としてあくまで税金やお金に関することの概要の説明にとどめておいて、業務独占資格を持つ専門家の領域に立ち入ることをしてはいけません。いい形で専門家にバトンタッチをする、というのがFPとしての役目だと考えております。」

 

「これは何か法律で決められているとか・・?」

 

T「税理士法によって定められています」

 

ピピピピピッ(ここで12分間のアラームが鳴りました)

 

「はい。分かりました。これで終了したいと思います。」

T「ありがとうございました。失礼いたします。」

 

実際はこの質問以外にも色々と細かいところを聞かれたりしています。

ただ正直、この不動産パートの面接が終わった時点では、おかしなことも言った気がするけど8割は取れたんじゃないか・・?と変な自信がありました。

・・

・・・

・・・・

「贈与・相続」パートを受けるまでは・・・・

 

FP1級実技試験②に続く。

新商品!!

いつもご愛顧いただきありがとうございます。

日増しにあたたかくなってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

白石本舗には、一足早く春がやってきております。

ご来店された皆様は既にご存知かと思いますが、今回のブログタイトルにもありますように

新商品が完成いたしました!!!!

前回の私のブログ(222日更新)でもふれておりましたが、「しぐれ」に新しい春の味覚が、登場しております。

今回の「しぐれ」は、冬〜春にかけて旬を迎えます柑橘の「小夏」味となっております。

小夏(日向夏)の果肉、果汁は、さっぱりとした清々しい味が特徴です。また、外皮と果肉の間の白い内果皮にほんのりと甘味があり、この白皮と果肉を一緒に食べることで、他の柑橘にはない、独特の風味を味わうことができます。

白石本舗の「小夏しぐれ」さっぱりとした清々しい味わいを生かした商品となっております。

この機会にぜひ、召し上がってください。

「おやおや?写真がなかなか出てこないぞ??」と思われた鋭い方もおられるかと思いますが

はい。私、製造開発担当M…写真を撮ることを忘れておりました

さ、撮影でき次第、追記いたしますね

りんまん

皆さんこんにちは、営業販売部のNです。

最近は暖かい日が多く、春の訪れを感じますね。

そんな今の時期にぴったりのお菓子が、「りんまん」です。

DSC_1177松山に伝わる伝統の節句菓子で、桃の節句にお雛様にお供えしたりされています。

DSC_1183りんまんという名前ですが、表面のもち米が魚の鱗のように見えるから鱗(りん)まんとなったという説や、中国(朝鮮?)の林(りん)さんが伝え広めたからりんまんになったという説などを聞いたことがありますが、定かではありません。

今では和菓子屋さんで買うことが基本かと思いますが、昔は各家庭で作られていたようで、「懐かしい、昔はよく家で作っていた」と仰られる方も多いです。

全国的にはひな祭りは3月3日ですが、愛媛では4月3日にひな祭りを行う風習が根付いているようで、毎年4月3日前後はりんまんのご注文が多くなります。

お買い求めの際は事前にご予約いただくと確実かと思いますので、ご連絡、お待ち致しております。

それでは、また次回!